忍者ブログ
アコースティック・ギター/ボーカル・デュオのATOMOです。 ホームページへは右のプロフィール内 [ATOMO website] から入ることができます。 Click on [ATOMO website] in "PROFILE" to our website.
[84] [83] [82] [81] [80] [78] [77] [76] [75] [74] [73]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

08-07-24_002-1.jpg 
先日週刊誌のTIMEに"Journey"が新しいボーカルを迎え入れたという記事が載っていた。1996年にオリジナルボーカルのSteve Perryが「健康上の理由」で脱退してから何人かのボーカルを入れ替えていることは知っていた。
ぼくがまだLAにいたころ、Sam Ashという楽器屋さんのギター売り場をうろついていたときのことだ。突然店員がギター持って近づいてきて「聴け」とばかりにJourneyの曲を弾き語りだした。腹に乗った響く声でほんのワンフレーズずつ、数曲を歌ったが非常に上手かった。その時の詳しい話は、彼の名前も含め、大分忘れていることもあり割愛するが、覚えていることは彼はJourneyのボーカルをやっていたと言ったことだ。非常に短い間だがJourneyの一員でツアーもしたという。その容姿や、なぜその時楽器屋の店員をしているのかということも含めにわかに信じがたかったのだが、ただ、歌を聴いたらたとえJourneyでなかったとしても、プロと言っても申し分ない声であったことは覚えている。
今回の新しいボーカルはフィリピン人のArnel Pinedaという人だ。ギタリストのSchonがYou Tubeで彼のパフォーマンスを見てど肝を抜かれスカウトしたとのことだ。実際ぼくも見てみたのだが、Steveそっくりだ。Schonは「ありえないくらい上手い」と言っているが、Arnelをその上手さゆえにスカウトしたのか、その酷似性ゆえなのかはわからない。余計な心配だと思うが、Arnelはこれから個人的にはカバー曲にあたるものをホンモノとして歌う事になったことをどう消化しているのだろう。その記事は今やプロのミュージシャンを目指すものにデモテープは要らなくなったと締められていた。   (A)

In TIME magazine I found an article saying that an American band "Journey" contracted with a new vocalist.  I knew Steve Perry, the original vocalist, had left the band due to "health problem" in 1996, and they switched the vocalist a few times.
This is a story of when I was just roaming around a musical instruments store, Sam Ash in L.A., a sales person approached me with a guitar in his hand as if he had told me "Listen up, boy!"  He started to play the guitar and sing Journey's songs.  Only a few segments from each song was enough to estimate his talent.  The voice from his stomach filled the area.  I will omit the details including his name because I have forgot the most, but I remember his saying that he had once been a vocalist of Journey, though it was a very short period of time, he was in a band on the road.  With his appearance and the fact of being a sales person in a store, it was hard to convince me to believe him, but his singing would have proved him as a pro, even if he had actually not been a member of Journey.
Now the new vocalist is a Philipino, Arnel Pineda.  The article says Schon, Journey's guitarist got surprized at Pineda's performance accidentaly found in You Tube to contact him to offer that position.  I watched some, too.  He unbelievably sounds alike.  From what Schon wrote, "He can't be that good," I don't know whether Pineda's talent made Schon approach to him or his resemblance did.  How does Arnel manage to sing personally "covers" as his (their) originals, if I may be so bold as to concern?  Anyway, the article was closed by saying that demo tape is no longer a must tool for musicians to promote themselves.   (A)



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
プロフィール PROFILE
HN:
A & TOMO
HP:
性別:
非公開
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[05/30 pato]
[11/03 YUE]
[10/21 みき]
[09/11 しんきち]
[02/03 kayu(clap the hands)]
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
Admin. use only
忍者ブログ [PR]