忍者ブログ
アコースティック・ギター/ボーカル・デュオのATOMOです。 ホームページへは右のプロフィール内 [ATOMO website] から入ることができます。 Click on [ATOMO website] in "PROFILE" to our website.
[81] [80] [78] [77] [76] [75] [74] [73] [72] [71] [70]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

e5aa83a3.JPG 小田さん写真ありがとう!
この日のイベントはデュオグループをフィーチャーしたものだったが、終わってみると、ATOMO以外どのグループにも凄腕ギタリストがいるという印象が強かった。しかし「デュオ」がテーマだったためATOMOも呼んでもらえた、そんな気がした。それにしてもこの日のセットリストは全て自作曲という記念すべき日であった。   (A)

This day was featured in duo groups, but after all I had an impression that all but ATOMO had great guitarists in the groups.  I think, fortunately, because of the theme "Duo Group", we were invited to the event.  Anyways, the song list for the day consisted of all our songs, which was a milestone event for us.   (A)

I don't get nervous when I sing these days, but I did on that night. 
The reason I can think of is that we played with all our songs this time. When we play any cover, I am kind of "for sure" because of the good tunes. But this time, I'm not really sure how audience feel about our stage by just our songs. 
After all, I'll never know about these answers, but anyway I feel super great !!!!!
Well, and I think that's the way the art (music) exists. 
Thanks to KEN-NYE-san and all people there!!   (tomo)

ここ最近では久しぶりに緊張した。
今になって考えられる理由は、今回は全曲が私達の曲だったからであろう。
カバー曲をする時はそれなりに「確信」がある。何故なら、曲それ自体が素晴らしいから。
しかし今回初めて私達の曲だけで、どうだったのか?と感じてしまう。
結局その答えを私達が知り得る事はこれからも無いであろうが、ともかく非常に気持ちが良い!!!!!!
そしてそれが芸術(音楽)というものの在り方なのだと私は思う。
金曜日お会いした皆様と、KEN-NYEさんに感謝!   (tomo)

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
プロフィール PROFILE
HN:
A & TOMO
HP:
性別:
非公開
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[05/30 pato]
[11/03 YUE]
[10/21 みき]
[09/11 しんきち]
[02/03 kayu(clap the hands)]
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
Admin. use only
忍者ブログ [PR]