忍者ブログ
アコースティック・ギター/ボーカル・デュオのATOMOです。 ホームページへは右のプロフィール内 [ATOMO website] から入ることができます。 Click on [ATOMO website] in "PROFILE" to our website.
[55] [54] [53] [52] [51] [50] [49] [48] [47] [46] [45]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Air Supplyとの出会いについてちょっと書こうと思う。
1992年在米中、ぼくは友人からAir Supplyのコンサートに一緒に言ってくれないかと誘われた。当時情報が皆無だったぼくはそのお誘いに答える前に、周りの人に彼らの評判をいろいろ訊いてみることにした。主観的であるさまざまな良い評判と悪い評判から、彼らの音楽を想像し、行ってみることに決めた。ぼくらの席は劇場の最後尾だった。場内アナウンスでは彼らの到着が遅れていることを告げていた。もともとバンドだった彼らは、当時1990年代初頭、Air SupplyとしてRussell Hichicock(vo)とGraham Russell(gt&vo)の2人だけで再出発をしたばかりだった。いろいろ想像を膨らませて待ちくたびれていた中、一時間ほど経ってやっと到着した二人の他には、サポートピアニストが一人だけ参加していた。演奏が始まるや否や、ぼくはRussellのヴォーカルに衝撃を受けた。正にど真ん中。金鉱を掘り当てた気分であった。この時の第一印象は想像を遥かに超ていた。Tomoが前のブログで書いているように、聴く人のハートをギュッと掴む信じがたいほどに美しい声質である。彼らは同じ曲を20年以上、(もちろん新曲も)歌っているが、その歌い方は変わっていない。中には年を経るにしたがって、声を歪ませるなど発声法を変えるミュージシャンもいるが、彼らは決してボーカルに変に手を加えるようなことはしない。常に自然体で歌っている。その時のRussellの声はソプラノ(女声高音域)であったが、おそらく今はテナー(男声高音域)であろう。それが曲のキーを少し下げている。それだけのことだ。彼らのエッセンスは完璧に健在だ。
我々には彼ら以外にも同じ観点からのスーパースターがいる。それはまた別の機会に。   (A)


Maybe I want to write about when I first saw Air Supply.
In 1992, Bellingham, WA, a friend of mine asked me to accompany to their show at Mt. Baker Theater. Prior to answer to the offer, I asked around my friends about their reputation to get more information. When I vaguelypictured their music from those subjective goods and bads about them, I decided to give it a shot.
We seated at the very back. The anouncement told us that their arrival was somehow delaying. At that time, they just restarted their new Air Supply with only two Russell Hichicock(vo.) and Graham Russell(gt&vo) (they are used to be in a band). With the swelling imaginasion, almost an hour passed. And they arrived. For that show, they brought just another piano player beside them. Once they started to play, I was stunned by Russell's vocal, and he did struck home. I felt as if I had found a gold mine. The first impression was too far better than my imagination. Like Tomo described before, he has an incredibly beautiful tone of voice to grab people's heart.
They have been playing the same love songs (including new ones too) over and over again even after 20 years, but they never change the way they sing. Some musicians modify the utterance, for example, destorting the voice as they get older, but Air Supply doesn't mess around with the vocals, and always sing straight forward. Russell's voice used to be in a rage of soprano (womans higher vocal rage), and now probably the tenor. That brings the key lower to some songs, but that's it. All the goodies are perfectly preserved.
There is another superstar of ours in the similar aspect, but that is another story.   (A)


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール PROFILE
HN:
A & TOMO
HP:
性別:
非公開
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[05/30 pato]
[11/03 YUE]
[10/21 みき]
[09/11 しんきち]
[02/03 kayu(clap the hands)]
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
Admin. use only
忍者ブログ [PR]